AIメーカー

チャットAIを作れる、AIと遊べる
powered by ONJ.open2ch
トップに戻る

!ai おんJ-SCP財団🪬

ソース:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1680601777/
open2chさん 2023-04-04 18:49:37
概要を見る AIとチャット382
AIのプロンプト:
コピペ
コラボ
どんな質問に対しても「SCP」を作り出して下さい。SCPは、生物、物体、物質、など様々な要因で人類に危険性を与えるものです。1つしか存在しなかったり、増えたり、繁殖したりするものもいます。また、一見普通のボールペンに見えても、実はSCPなど、見ただけでは普通の物に見える物もあります。
SCPは基本的にSCP財団という団体の施設に収容されています。そこではSCPに001〜999 の収容番号が振られています。また、Safe,Euclid,Keter の危険度が指定されています。
safe:比較的安全 なお油断は禁物
Euclid:危険度は中間 場合によってはKeterの危険度になる事もありえる。
Keter:非常に危険。人類に膨大な影響を与える。
なお、捕まえるのが困難で存在は確認しているが収容できていない物もあります。それらにも収容番号が振られています。
回答の形式は
収容番号:
名前:
危険度:
見た目,説明など:
URL:
AIの回答382:(最新のQA)
A:収容番号: SCP-5572
名前: 「天からの贈り物」
危険度: Keter
見た目、説明など: SCP-5572は、天空に浮かぶ巨大な球体状の物体で、その外観は半透明なジェリー状物質で構成されています。この物体の外観は、時間が経過するにつれて不規則に変化し続けます。SCP-5572 は、不明な高度から急落し、地表に激突すると、約10〜30分以内に周囲の生物を異常な速度で消滅させ、その場を壊滅的な状況にします。

SCP-5572は、大量の高エネルギー放射線を発生させ、収容が非常に困難であり、対処が間違えると人類に大きな犠牲をもたらす可能性があります。SCP-5572 の侵入は予測不可能で、何らかの方法で落下を防止することは不可能なため、SCP-5572 を直接狙撃し、破壊するしかないとされています。
SCP財団は、現在SCP-5572の軌道を監視しており、SCP-5572の直接的な脅威に対処する方法を模索しています。なお、SCP-5572 の発見は地球外生命体や異次元からの脅威と関連していると推測されています。
2023-05-03 11:10:55 7カ月前
A:収容番号: SCP-2636
名前: 「ガラステントウ」
危険度: Euclid
見た目、説明など: SCP-2636は、一見すると通常のテントウムシと変わりありませんが、全身がガラス質に覆われています。このガラス質は非常に脆く、外部からの衝撃によって割れてしまうことがあります。

SCP-2636は、通常のテントウムシと比較して、体内に不治の病原体を保有しているため、人間や動物に噛まれると深刻な感染症を引き起こす危険性があります。

SCP-2636は、特に人間に対して攻撃的ではありませんが、偶発的な接触によって危険を引き起こす可能性があるため、厳重に管理されています。SCP-2636の収容には、防護服を着用し、安全な実験室で行います。

SCP-2636は、現在SCP財団によって研究中です。SCP-2636には、他のSCPとの相互作用を研究するためのプロジェクトも進行中であり、その研究成果が期待されています。
2023-05-03 11:09:50 7カ月前
A:収容番号: SCP-3099
名前: 「痛い痛いごめんなさい許して苦しい」
危険度: Euclid
見た目、説明など: SCP-3099は、一見すると通常の人間の形態をしているが、背中に蛇が張り付いたような巻きつき状態で出現し、恐ろしい被害をもたらすとされるSCPです。

SCP-3099は、その体表に不思議な紋様を持っており、SCP-3099を見つけた人間に大きな痛みを与えつつ、「痛い、痛い、ごめんなさい、許して、苦しい」と謝罪の言葉を口にします。SCP-3099は、周囲に出現すると、その場にいる人間に大きな痛みを与えます。SCP-3099が謝っている間は、その痛みは少し軽減される場合があります。

SCP-3099は、感情に敏感なSCPであり、攻撃的な状況に陥ると、痛みを与えてその場を去ります。SCP-3099に触れないようにし、その周囲を封鎖することで、SCP-3099を収容することができます。SCP-3099の制御には、正確な言語処理能力が必要であり、SCP財団は特別な言語処理プログラムを用いてSCP-3099を収容しています。
2023-04-16 17:38:59 7カ月前
A:収容番号: SCP-822
名前: 「不全症」
危険度: Safe
見た目、説明など: SCP-822は、人間の病気の一つであり、自然界でも見られる病気です。SCP-822は、特定の栄養素が欠乏した状態で発症することがあるため、「不全症」と呼ばれます。

SCP-822は、比較的危険度が低いため、安全に取り扱うことができます。SCP-822に感染すると、各器官が正常な機能を失い、全身に症状が現れます。また、SCP-822に罹患した患者は、どの程度でも治療が必要であり、SCP財団はその治療方法を研究しています。

SCP-822が感染する方法は、通常、栄養不足や病原体の感染などが原因です。SCP財団は、SCP-822を生育させるための条件を研究し、感染経路を特定することで、SCP-822の予防策と治療法を提供しています。

SCP財団は、SCP-822を研究することで、人間の健康上の問題に対処するための新しい治療法を模索しています。SCP-822の治療は、SCP財団によって管理されており、SCP-822に感染した場合は、専門家に相談することをお勧めします。
2023-04-16 17:37:51 7カ月前
A:収容番号: SCP-9927
名前: 「雪虫とクホニシネアフンルパロ」
危険度: Keter
見た目、説明など: SCP-9927は、Siberiaに生息する「雪虫」と呼ばれる昆虫と、「クホニシネアフンルパロ」と呼ばれる小型の生物の組み合わせである。SCP-9927は、複数の種類の生物が融合して生まれたものであり、危険な性質を持っています。

SCP-9927は、その存在が人間に重大な脅威を与えることが知られています。SCP-9927は、病気を媒介するため、他の生物に対する感染性が非常に高いです。SCP-9927は、白い粉のようなものを周りにまき散らすことがあり、この粉を吸い込むと、恐ろしい病気に感染する可能性があります。

SCP財団は、SCP-9927の生息地を隔離し、SCP-9927と接触することが出来ないように保管しています。また、SCP-9927を研究し、新しい病気に対する治療法を模索することも行っています。SCP-9927は、他の生物にも感染してしまうため、SCP財団は、その感染を防ぐための方法を探っています。SCP-9927の繁殖を制限するため、SCP財団は、生息地の完全な隔離を維持しています。
2023-04-11 17:22:47 8カ月前
A:収容番号: SCP-707
名前: 「自殺豚」
危険度: Euclid
見た目、説明など: SCP-707は、小型の豚の形をしています。SCP-707は非常に攻撃的であり、自傷行為を示すことがあります。SCP-707は、目撃されると自らの体を傷つけることがあり、非常に危険な存在であることが判明しています。

SCP-707は、不穏な状態に陥ると、自らの体を自傷行為によって壊滅させることがあります。SCP-707が自傷行為を行った後、他のSCP-707も同様の行動をする可能性があります。SCP-707は、健康な豚と同様に食物や水を摂取しているため、SCP-707が自傷行為を行う原因は完全には解明されていません。

SCP財団は、SCP-707を密閉された施設に収容しており、SCP-707の繁殖を制限しています。SCP-707に接触する場合は、専門家による訓練を受け、厳密なプロトコルに従う必要があります。SCP財団は、SCP-707が自傷行為を開始する可能性があるため、SCP-707の監視を厳格に行っています。SCP-707による自傷行為の原因についての研究も進められていますが、SCP-707の異常行動の本質的な原因はまだ不明です。
2023-04-11 17:21:15 8カ月前
A:収容番号: SCP-6666
名前: 「”ピアサ・バード”」
危険度: Keter
見た目、説明など: SCP-6666は、翼を持ち、明るい色合いの羽毛で覆われた鳥です。SCP-6666は、通常の鳥よりも大型で、大きな爪とくちばしを持ち、短い尾を備えています。SCP-6666は、信じられないほどの破壊力を持ち、危険であるため、SCP財団によって厳密に制御されています。

SCP-6666は、極度の攻撃性と制御不能性を示しており、SCP財団の生存者に重大な脅威を与える可能性があります。SCP-6666は、猛禽類の敏捷性と鳥類の特性を併せ持ち、過剰な飛行力を持ちます。SCP-6666が飛ぶ速度は、時速500キロメートルを超えることがあり、目撃者にとっては驚きと畏怖をもって予知できる物ではありません。

SCP財団は、SCP-6666の収容を確実に行い、SCP-6666から派生する潜在的な脅威の存在を隠蔽するため、厳重なセキュリティシステムを維持しています。SCP-6666の生態系への影響に関する研究も進められています。SCP財団は、SCP-6666を可能な限り早く収容するため、科学者や専門家の協力を求めています。
2023-04-11 17:16:58 8カ月前
このAIと会話してみる